yとg過去ログ > 2008年06月

2008年06月01日

星に願いを!

08601.jpg

「星がきれいだね」
「ほんとねー」

 はるかちゃんを誘って、山頂から星空を眺める。
 世界に二人っきり、手なんかつないじゃったりしていいムード。
「でも、キミのほうが……」
 と言いかけた僕の言葉をさえぎり、
 はるかチャンは感心したように言った。

「星って大変なんだから」
 いつものように僕は唖然とする。
「大変って何が?」
「だって、この輝きって全部ノーギャラなんだよ」

「は!?」
「そう、ボランティア」
 彼女はこの夜空のように蒼く澄み渡った瞳で僕を見つめて囁いた。

 僕は尋ねる。
「どういうコト?」
「だって……」

 星明りを反射させて艶やかな薄桜色の唇がはためき、
 はるかちゃんは言葉を続けた。





「ホーシ活動だから」
© 早浪討矢 | Comment(5) | 文章のリハビリ

2008年06月05日

Let'sメイリオ

Vistaの標準フォントである、メイリオが
XPでも、5月からMS公式サイトでDL出来るようになったので
導入してみました。

XP以外の人には、どうでもいい話題ですが。

ウィキペディアによる「メイリオ」解説

明瞭だからメイリオwww
ダウンロードは→「マイクロソフトDLセンター」から
続行をクリック→DLボタン


とはいえ、「Win高速化」なんかのソフトで設定を変えていると
ClearTypeの設定ができないという難点があったのですが
下のサイトで救われました。

「血統の森+はてな 」さん

2.Clear Typeを有効にする
に記載されているように
ClearType Tuner PowerToyを同じくマイクロソフトからDLすると
コントロールパネルでClear Typeの調整が可能になります。
日本語化パッチは公式ではありませんがDL解凍.exeを実行するだけと
簡単です

是非おためしを!

尚、このブログも少しcssをいじって、文字間をほんの少し開けています。MSゴシックに比べてメイリオが横長のためです。

cssはその他も、いじりましたが
一応IE7,Firefox,Operaは確認しました。
個人的にはブラウザの左にブックマークを表示させてるので
少しだけ、左詰まりに設定しています。

IE4やSafariなど他のブラウザは、ちょっと判断がつかないので、
もし不備があったら匿名でいいんでコメントしてくれると
ありがたいです。
というか、問題があればすぐ初期設定に戻す気まんまんです

でわでわ^^

p.s.各ブラウザのフォント設定でなろうの小説たちもメイリオ化しますよ! 個人的にはnotepadのメイリオ化が目にやさしく、ありがたいですが^^
© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2008年06月08日

6月といえば

kaeru.png


6月といえば雨
雨といえばカエル
というわけでカエルの絵です。


本日は、以上で
© 早浪討矢 | Comment(2) | 日々のこと

2008年06月15日

地震

080522.jpg

地震があったらしいですね。
みなさん大丈夫でしょうか?

ちょこっと、忙しくしてるので
メッセで送った手紙の焼き直しで
(最近テキスト整理もしています)


   ・
   ・
   ・


 自分が書きたいもの? ですか……
 何と答えたらいいんでしょう。

 その問いかけの構造が…… ま、長くなるのでやめましょう。

 そういう悩みは初心者からプロまで、多かれ少なかれみな持ってるものだと思います。
 僕にしても、十年文章を書かなかった時期を経た今、はっきりした答を持って今、このサイトに投稿している訳ではないので……。

 何を書こうというのは、漠然ですがイメージはあります。それに言葉を与えていく作業を繰り返している訳です。
 人というものは、そんなに沢山の物語を持っているわけではなく、結局、一つの物語に集約されていくのではないのか、とも思います。

 村上春樹はデビュー作に対する自評で「僕が書きたいことは第一章で書きつくしてしまった。でも、それだと小説にならないので残りの十何章だかは惰性で書いた」みたいなことを言ってます。

 僕も、30を超えた今。書きたいこと訴えたいことは一応は書きつくした気はしています。
 ただ、伝えられているのかどうか、そのことが今とこれからのテーマだと考えています。
 30過ぎたら人はそんなに変わらないし、新しい何かをそうそう見つけられるものでもないと思います。
 残っているのは、自分というものを掘り起こし、暗闇にあったものに光を当て、人々に伝わる場所に置き直すことかな、なんて。

 ある映画監督が言ってたらしいんですが。
新聞記者に「あなたはどうして映画を撮るんです?」と問われて「僕はシャイだからね。人々にアイラブユーを言うためさ。他の方法があればそうするけど」と答えたそうです。

 僕も、読者に手紙を送るつもりで書いています。その相手は、常に全世界というわけではなく、森の奥にいる人や、都会の真ん中で孤独な人、幸せそうにしている家族。そんな風に限定
しているときもあります。
 相手を選ぶというより、モチベーションの問題でしょうか、最終的には幅広く読まれるものをと考えますが、大学教授と幼稚園児が読むものに差は必要ないと考えるのも無理がある話ですから……。

 で、手紙を送る相手やネタがないときは、便箋を選んだり、ペンを変えてみたり、色々視点を変えて楽しんでいます。
 昔の手紙を読み直して、ああ、これじゃ伝わらない。とか、もうすでに書いていたんだ、でも、自分で気付かなかった。相手も気付いてないのかも。もう一度書こう。とか。

 また比喩的な文章になってしまいましたね。

 栗本薫さんは、なぜ小説を書くのか問われて「自己治癒のため、書く必要のない人はそれはそれで幸せなんだ」っていってました。

 僕は自己治癒には賛成ですが、書く必要のない人論には、異議を唱えたいと思います。
 世の中全ての人に書く必要性はあると思います。それは睡眠中に夢を見るのと同じように、健全なことだと思います。確かに現実には、無意識を意識化して文章化するのはたやすい作業ではありませんが。とりあえず何か書いて、それを夢占いのように見つめなおすというのは、大変意義のある作業で、ブログがこれほど流行ってるのも、このサイトで、基本読者数と登録作家数がほとんど変わらないのも、そういうことなのだと思います。みんな夢占い辞典を片手に自分の作品を読み直せばいいんです。どれだけ素敵な、そして隠れていた自分に出会えるか……。

 とまあ、精神論はこんな感じで、
 技術的には最近は、マンガとか映画の手法。プロップの物語論。などを勉強しています。
 僕的には、きちんとした小説は書いてませんが、今のプロットに毛を生やした程度の作品を積み重ねて色々試行錯誤している最中です。
 読者に見放されてもしょうがないですが、より強い自分を得るためには必要不可欠な作業だと思えるので仕方ないです。


 で結局何が言いたいのか? と問われると。

 僕の書きたいものは……。


 秘密です。


 なんじゃソラ。

 でも、仕方ない、僕にもはっきりつかめないのですから、でも、日々自分を掘り起こし、少しずつ作品として顔を出しています。

 いつかコレです。僕が書きたかったものです。
 と言える日が来るとよいのですが。



 それまでは、考古学者のように、少しずつ少しずつ、書き溜めていくしかないのでしょう。
 他に方法があれば別ですが……。


   ・
   ・
   ・


 以上手抜き記事でした。
 お粗末さまですm(_ _)m
© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2008年06月29日

self rewrite

一日13時間も働いてると、
ブログどころか、小説を書こうかという気も

完全に失せているんですが、
なんかこう、

なかなかブログのユニークアクセスも下がっていかないんで
ちょこっと
過去作をリライトしたものを「なろう」のほうに
上げときました。

ちなみにPCで閲覧の方(rssで帰っていかない人)は
今週の音楽というコーナーは地味にやっていることに
お気づきかと思いますが

梅雨時だというのに
ハチャメチャな選曲でスミマセン

ではまた^^
© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。