yとg過去ログ > 2007年05月

2007年05月02日

文学系で……

502.jpg

只今、鋭意構想中……です。


 GW後半戦突入ですが……






 肩が痛いです。

 寝違えたのもあるんですが、

 キャッチボールで張り切りすぎた!

 
 ……かな?




 でも、右投げなのに左の首筋なんだよな。

 ……引き手?





 で、メジャーも盛り上がってきて、井川もなんか助かった感ありの、岩村が心配だけど、ま、あんまり書いてもね。



 じゃ、グータン見てるんで、この辺で……。

 また、明後日ぐらいに。





 と、思ったら終わっちゃいました。


 最近はですね。

 特に投稿してないですけど、

 テンプレっていうか、なろうサイトの自小説用の壁紙みたいなの作って見たりしてます。


 キャンバスみたいなのは出来たのですが、

 あと、

 和紙っぽいの…… 古文書みたいな感じ

 と

 古地図みたいなのを作ろうかな、と思ってます。

 あと、体育館の床。アスファルト。

 も欲しいな……。


 じゃ、この辺で

© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2007年05月03日

夢の国へ……

503.jpg

昨日、何か忘れてると思ったら……


 眼鏡と影を描くのを忘れてました。

 左肩が痛いと書きましたが、最近、左目もお疲れ気味で、ピクピク言ってました。

 で、まあ、運動とか肩こりのストレッチとかありますが、今日は蒸しタオルマッサージの紹介です。

 って、通販みたいだけど、今日は遊ばず駆け足で、

 500Wのレンジで1分くらい、水で濡らして絞ったタオルを暖めます。2本で2分のが便利かな?、必ず皿に入れて。

 で、火傷など、危険のないように、いろいろ自己責任で注意してください。
 PL法に基づき、僕は一切責任を持てません。みたいな。

 熱かったら、広げて空中でバタバタやったらすぐ冷めます。
 少し熱く感じるくらいでちょうどいいと思います。

 あとは顔面。特に目の周りに当てて、暖めるだけ、寝転ぶと、気持ちよくて、夢の国へ。
 誰か、ベッドに運んでくれる人の側でやると効果的。

 あとは、軽く押し当てながら目の周りをほぐしましょう。
「造顔マッサージ」を検索すると、リンパの流れなど、記載している未公認サイトもあります。

 鼻がつまり気味な人は、鼻の骨を蒸しタオルでほぐすと少しつまりが取れます。そのあと、鼻うがいなり、綿棒なりを使うとつまりが取れるかも? 神経の関係で、右の穴がつまると左脳が、左の穴がつまると右脳が疲れやすくなります。

 お風呂でやってもいいですよ。気分的に顔専用のタオルを持って入ってください。

 ……では、眠くなってきたので

 ……夢の

 …く、



 ……ZZZ




© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2007年05月08日

5−08

5.8.jpg

「5月8日」
© 早浪討矢 | Comment(0) | 文章のリハビリ

2007年05月09日

大人は泣かない

 ちょ、ちょっとお客様こちらは……

 特別な想いを込めて……
owaranai.jpg



うわー、久々の曲紹介、

ブルーハーツで「終わらない歌」








 怒られたら……

 謝ります。

© 早浪討矢 | Comment(0) | メッセージ

2007年05月10日

運動してました。

510.jpg



 というわけで、遅くなりましたが。
 もう寝ます。

 なんかバテバテで、

 病み上がりだからか
 湿度が高かったからか
 水分補給が足りないからか頭痛もしますし

 でも、まあ元気です。

 動けてたから。

 跳べなかったけど。


 でわでわ、ごめんなさい……。


© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

ある夜の情景

510.jpg




 今日は少しヘコんでおります。

 プライベートなことですが……


 ま、生きてればいろいろありますね。

 さ、小説書いとこ。

 多分、そんな雰囲気の話になると思います。


© 早浪討矢 | Comment(2) | 文章のリハビリ

2007年05月12日

メイビ〜♪ 人生は……

maniau.jpg





 前に、続き物のコメディーを連載? していたときに、暗い気分の時に笑い話がかけるか! と苦しんでいたことがありまして。

 暗い話は大丈夫だろうと思いきや、どんどん引きずられていきます。


 う〜


 とりあえず平日一週間の様子みということで、5話分くらいの流れは出来てたのですが、

 昨日、あんなに落ち込んだ形になるとは……

 こりゃ、次が大変だ!

 ということで大変です。


 何か気分転換でもと、ホームページのアクセス数アップのコツみたいな本を読んでみて……



 ……落ち込みました。


 ダメじゃん!


 なんか太宰と文学少女をモチーフにした話を書こうと思ってましたが。

 や〜めた!

(って、いい加減でスミマセンm(_ _)m 恥の多い人生なもので)


 何か夏前だし、梅雨でじめじめしそうだし、スカッとさわやか系でも書きたいな……

 とかいいつつ、ダビンチの都市伝説特集に目が行く自分がいます。


 あ、そうだ!

 あまり読者はいないと思うんで。
 って、書くと怒られるか。

 Re:元気ですか?

 読んでる人、ごめんなさい。

 多分、削除すると思うので今日付けのだけゴメンナサイ。

 なんか、急に縦書きPDFで読みたくなったのです。



© 早浪討矢 | Comment(0) | 文章のリハビリ

2007年05月13日

玉岡さん再び……

513.jpg

トリビアを見てまして……


 今日はテレビで『トリビアの泉』を見てました。

 その中で、かわいいキャラクターを分析していたので、

 なんとなく、以前紹介した玉岡さん(仮)

 を、カスタマイズしてみました。


 う〜ん。

 
 あと、マンガの、あだち充の「ラフ」を

 押入れから引っ張り出して読んでます。
(映画は見てないけど……)


 恋愛の対立の構図。

 というか、主人公とヒロインが、はじめ対立していて、

 徐々に仲良くなっていくスタイルで

 ストーリー系のマンガなのに、

 一話ごとに布石とどんでん返しが、完璧に様式化されていて


 勉強になります。

 他にもあだち作品には、みゆきとか、タッチとかあるけど

 ラブコメ要素だけを考えると

 ラフは、かなり完成されていて



 今更ながら、……すげえ〜

 若者風に言うと、ヤベえ〜



 以上。今日の、どうでもいい話でした。


© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2007年05月15日

最近、時間が……

5141.jpg

 このごろ、忙しくなってきて……


 最近、忙しくなってきて

 あまり、時間が取れないんですね。


 一ヶ月ばかり、こんな状態が続くと思われる昨今、

 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


 書こうと思っていた連載の話も、

 イメージはあるのですが、


 最近エンタメ系と情緒な話のバランス感覚に

 狂いが生じていて、


 って、もともと正解でもなんでもないけど

 自分らしさというものに

 いくばくかの、疑問点が……


 ということで、

 初心に戻ろうかと……


 もともと、このサイトで小説を書くようになったのも

 ケータイ小説が流行っている

 というのをテレビで見て

 ま、別のサイトも覗いたのですが……



 ソッチの方がケータイ小説的ではあるのです。

 こっちが書き易い、UPし易いってだけで

 作家にはやさしくて、読者には……


 ま、そんなの僕が一々言わなくても

 数字に表れてますから、いいんですけど



 で、そうそう、初心の話ですが、

 なんか新潮社とかの、無料小説をケータイで読んで



 愕然としたんです。


 よ、読みにくい!


 で、なぜ、まともに書いてある小説が

 ケータイでは、読みにくくて……



 というようなことを研究してました。


 で、ここらでひとつ、ためしてみようかなと……


 FFもあることですし……


 著作権というものも少しばかり分かってきて……


 ま、怒られたら、やめればいい。


 ということで。




 準備中です。


 こっそり、やりますんで

 期待しないでください。

 でわでわ。

© 早浪討矢 | Comment(0) | 文章のリハビリ

2007年05月16日

閑話休題

515.jpeg

 本編とは、まったく関連してません。
 ……って、知ってますよね?



 え〜、小説の方は小休止、しておりまして

 宮沢賢治の「龍と詩人」

 辺りを、ケータイ訳(造語です)してたんですが……



 夏目漱石は、もともと落語が好きで、口語口調を織り交ぜてあるので、ケータイ用に、改造し易いんですね。

 ところが、宮沢賢治はリズミカルで、韻を踏んだりしてるわりに……



 なんか、やめといた方がいいかな……



 キーワード検索で調べると。

 ネット上で小説+ どんなワードで検索数が高いか調べると

 圧倒的に、官能小説なんですね。



 ま、男的発想だと、すぐ、官能小説=エロ


 になるのですが、


 女性からしてみると……

 意外と、性関連の物語に、激しい性描写は

 求めてない気が……



 情緒的な物と言うか、性を題材にしているだけで……



 ま、男でもそうですけど、

 ロリとか萌え、の原点は……



 この辺は、また別の機会に

 性差心理学的にも脳医学的にも、女性の方が、文学に親しみ易い構造を持っているらしいですね。

 男は、視覚的な物、瞬間、短絡、はっきりとした解答。

 を求める傾向にあるらしいです。はい。


 で、何が言いたいか というわけでもなく

 なんとなく、語ってますが。


 官能小説は、特に……、別に……

 いつでも書けるし……


 と、生意気口調でスミマセン。


 なんか僕も、

 台詞中心で書ける話を書きたくなってしまいまして……

(前おき、長っ!)


 というわけで、

 あらすじ.com でも、眺めながら


 エンタメな話を練ってます。


 なんか、バトル系にしたかったのに……


 ラブコメっすね。今のトコロ。


 ここでネタ書くと、書きたくなくなるジンクスが

 継続中なので

 詳しくは、書きませんが……



 っていうか、忙しいんですよ!

 というより、忙しくなる……かな。



 あ、そうそう、

 隣の部屋の人が、夜逃げをしました。


 詳しくは、書けませんが

 ここ最近の、落ち込みは、そういうことです。



 でも、部屋で……よりは、ましですよネ!




 小説っていいですよね。基本、作り話なんで。

 アレンジさえしとけば、そんなに問題ないですもんね。


 でわでわ〜 (´ι_`)


© 早浪討矢 | Comment(2) | 日々のこと

2007年05月19日

コメント返し

5191.jpg


 愛読は……



 こんにちは。

 の“わ”は、“は”ですが、

“でわでわ”を“ではでは”と書く人が

 少ないのは、どうしてだろう……?



 と、とりとめもない疑問から始まりました。



 今夜は、出かけるので


 ……と、いっても、あんまりうれしくない系ですが。

 今のうちにブログ上げときますね。



 今日はコメントのお返し、ということで。


 愛読は…… してないですね。

 どっちかというと画像系の方が……

 男は、即物的なというか、視覚的感性がメインなので


 ケータイの人は、読むのかな?

 でも僕は、ケータイもそんなに使う方ではないですし、パケ代もフリーではなく固定性なので、厳選して使っております。はい。


 で、いやらしいかどうかは、ともかくとしてですね。

 というより、エロ〜い! とか 恥ずかし! とか

 そういう感覚があるうちが花だと思います。


 慣れって、恐いですね〜

 ……ん?


 ま、冗談はともかく

 疲れたときは下ネタ! というのが

 僕の仲間内での格言なんですが。


 男の下ネタと、女の下ネタって

 全然違いますよね〜



 人が酔って、うとうと寝入ってるときに

 女だけでそういう話されてると

 トイレに行きたくなったとき

 非常〜に、困るわけで……



 ていうか、なんだよその知識

 歯を……?

 お前の旦那は、大丈夫か?



 と聞き耳を立てつつ、膀胱が破裂しそうです。



 あ、そうそう

 みなさん、こんな死に方だけはしたくね〜

 っていう、死に方ありますか?



 次回は、そんなお話。



 ではでわ^^


© 早浪討矢 | Comment(0) | メッセージ

2007年05月22日

筋肉痛

522.jpg

 適当ですみません



 いや〜、筋肉痛ですふらふら

 日曜日に草野球がありまして……

 ゴールデンウィークは、うちのリーグは試合しないんですね


 みんな、家庭持ちだから

 で、ひさびさの再開、ということなんですが


 ある住宅街の運動会と重なってしまいまして

 エースを含め、主力三人がこれない。
(ノーコンエースですが……)


 ピ〜ンチ

 かと、思いきや

 上位リーグから、トーナメントの調整がしたいということで

 助っ人が3人やってくることになりました。
(緊急登録で試合成立、ま、そんなもんです田舎の下部リーグなんて)


 しかも、バリバリのピッチャー経験者が2人


 いやー、キャッチボールだけで

 迫力ありました。


 結局、相手も弱いチームだったので

 ピッチャーは、うちのメンバーでまわしましたが……



 で、勝ちました。7対5かな?

 二回に、僕も含め内野の5連続エラーで4点取られて、どうなることかと思いましたが、その後、打者一巡の猛攻。

 四死球がらみナシの、七点は、

 草野球で、勝ちにこだわってないチームの理想系ですよね?



 ま、楽しかったですよ。

 決勝タイムリーも打ちましたし……



 4の1 で、それだけでしたけど……

 仕事は、したかな……?


 え、エラーでチャラだろって?

 まあ、まあ、まあ。



 そんな感じで、筋肉痛で仕事してましたが、

 ちょっと、仕事内用が変わったので


 さらなる筋肉痛です。

 ま、精神的には楽なので、トレーニング代わり


 と、割り切ってます。


 ひさびさに、アミノ酸ゼリーを飲みましたが


 けっこう、効果あるんですね〜

 だいぶ楽になってきました。



 と、多忙ながら、楽しんでる

 そんな感じの、ゆーチューブでした。


 チェリオ〜!
  

© 早浪討矢 | Comment(2) | 日々のこと

2007年05月24日

文学とは何か?

524.jpg

てなわけで、リクエストがありましたので、その記事ですが……




 え〜、毎度毎度のお運びで

 毎日、暑いですね〜


 というわけで、今日のテーマは

 文学とは何か?



 それは……


「まろやかー。」
「もう一丁いくー?」

 のぺヤング焼きそばのCM


 帯ギュでも引用されてましたよね?


 って、オイオイそれは



 桂文楽 だろおおぉぉぉおお!


 って、これで納得してくれたら

 話は早いんですが。



『小説家になろう』サイトの文学のカテゴリーには

 様々なスタイルの小説があります。


 これは、別に悪いことではないんです。

 そもそも文学というものは……


 読者は、自分に合うものを選ぶのに疲れるとは思いますが。

 ま、そのために、他の分類も導入されてるわけです。

 が、それで、すべて補間されてるわけでもないので

 探すのイヤだ〜


 って人、多いと思います。



 でも、まあ、そんなものなんです。


 読書をさせる。という行為は、

 情報を提示して、読者に仮想体験をさせる。


 ということになるんだろうと思います(今後、全て、個人的見解ということを前提とします。検証責任は放棄します。が、個人的見解の議論や意見の提示は受け入れます。ま、こんなマイナーな話題に盛り上がれる人がいればの話ですが……)


 で、上記のように、ある程度検証義務は投げ捨ててるので簡単に話して行きますが、というか、この話で、放置サイト一個作れそうな勢いなので……、ここで話すより、秘密基地あたりで盛り上がって欲しいと願う僕ですが。


 で、どんな体験をあたえるかという、スタンスの違いに、エンタメ系と文学の明確な差があると思うのです。

 エンタメ系は、作者の主張=主題の構造を取っていると思われます。

 僕は、こう思います。

 正義は勝ちます。
 愛は普遍です。
 人生は、厳しい。

 もちろんハッピーエンド、バッドエンド、とありますが、読者に対して明確な答を提示して、それにたいして読者が、共感するか反感を持つか、……もちろん、共感してもらうために書くので、そこが読者との駆け引きになるのですが。



 対する、文学は、ちょっとひねくれてます。

 というより、わかりにくいです。

 力のインフレ(敵を倒すとさらなる強敵が)も、悲劇のインフレ(失恋して、レイプされ、病気になり、そして最愛の人の死、家族の崩壊)も、ちょっと使いにくい、使えますけどね。使いますし。

 こういうのは記号で、あって善悪ではないのです。
 技術論ですが、対象論でもあります。

 
 敵を倒すと、暴力的だ
 美少女が出てくるのは、煽情的だ
 次々、悲劇が起こるのは、非現実的だ

 と、いわれても……

 この辺は、大塚英志さん辺りでも読んでもらって……


 ついでに、実話系というのは、ノンフィクションじゃないんです。

 少年マンガで実話系という語彙が出来たのですが

 巨人の星 とか タイガーマスク


 が実は実話系です。


 実際の人物が登場する架空の物語。

 だから、実話という言葉は……


 ま、やめましょう。

 ノンフィクションにしてもそうですし、

 史実にしても、江戸時代の権力者が都合のいいように手を加えたものが、出回ってるほぼ全てです。

 C国やK国のことは、言えないんですねぇ〜



 で、文学の話でしたね。

 文学は、


 読者にどんな体験をあたえるかというと


 読者を、ある悩みの中に放り込む。


 それで、おしまい。


 オイオイ。

 でもまあ、そんな感じです。

 疑問を提示して、答えは読者にゆだねる。

 ストーリーを展開させるためにも、読後感的にも、エンタメ系要素は必須で挿入するんですが、物語の背景には、必ず、そういった答を明確にしない、悩み、疑問、謎が含まれていて、読後に、さらに物語世界について考える時間を読者に与えるのです。


 こういうのは、モロ好き嫌いに分かれます。

 イライラする人も多いでしょう。


 でも、文学と言うのは、こういうゲームなのです。

 エンタメ系の感想欄には、イエス、ノーで感想が書き込めますが、文学はそうはいきません。

 わかりにくい。意味が伝わらない。感情移入できない。

 そういう、感想の書きこんである作品は、文学志向の作品です。
 出来不出来は、そこでは判断できないんです。


 ですから、評価点や、コメント数。

 を基準にすると、文学はちょっとつらい……。


 でも、メリットがあって。

 きちんと物語世界と向き合った読者からコメントが来る。
 そして、語り合える。

 また、リピーターができやすい。
 答がないから、読むたびに、読者の中で、新たな答が浮かぶんですね。
 そして、これを味わった読者は……


 ま、そんな話はさておき


 ほんのさわりでしたが、長くなりましたね〜

 次回は、純文学作家とエンタメ系作家。

 綿矢りさと、宮部みゆきを対比して

 現代女性作家によっておこなわれた、文体によるジャンル分けの完全崩壊

 そして、おじさん読者の女性作家文学への傾倒


 という、話を軸に

 展開していきたいと思います。




 というのは、冗談なので、真に受けないように。


 
 長々と、お疲れ様でした^^

 ほぼ、今考えた、口から出まかせです。

 すみません。

 文句は「別役実のコント教室〜不条理な笑いへのレッスン〜」白水社

 の中の

・創作行為のいかがわしさを再認識したい

 という章に

 言ってください。


 でわでわ〜^^
 

© 早浪討矢 | Comment(0) | メッセージ

2007年05月26日

1−5

525.jpg

忙しいと言いつつ……


 忙しい、忙しいと言いつつ、知人の粋なはからいで
 休日を貰ってしまった、ゆーチューブです。


 今日は安息日、


 というわけにもいかず、
 様々な雑用にせいを出しているわけですが……


 あ、コメディーを1本上げときました。


 ↓↓↓

「メガネ屋の死体」
↑↑↑下のほうのボタン
小説を読むをクリック


 不条理コントです。いわゆるシュール系?


 さてさて、最近読んだ演劇シナリオ系ハウツー本の課題に沿って挑んだ作品で、

 台詞中心です。


 時を動かすセリフ

 時を止めてしまうセリフ

 地の文を代用するセリフ


 の違いに注意しながら



 って言われてるんですが……



 というわけで、これから

 何本か、シュールコメディーを上げようと思っているのですが……

 基本を身に付けよう



 ということで、

 頑張ってはみたものの……



 さっそく、崩してええぇえええええ!


 と、挫折してしまいそうです。


 スラスラ書けたからって、しょうがないとは思いつつ。

 でも、気持ちいいですよね。

 そういうの。



 はてさて、どうなることやら。


 それでは、今日はこの辺で。



© 早浪討矢 | Comment(0) | 日々のこと

2007年05月28日

木苺

528.jpg

木苺がなってました。



 最近、仕事の通り道に木苺がなっているのをみつけまして。

 なつかしいな。と、


 一ヶ月ほど、その道を通うんですが、

 今朝、写メに撮っておきました。


 偶然と言うか、なんというか

 夕方、通りかかると


 小学生達が2、3人、その木苺をもいで食べてました。





 こういう運は、どうなんだろう?




 今日は、他に話もないので、

 一句読みます。



  五月晴れ、

   入道雲は

   まだですか?




 おそまつさまでした



 ……ロボット回避で、もう一句



  負けないよ、

  揺れる想いに


  君がいない。




5282.jpg
 

 ご冥福を、心からお祈りします。
© 早浪討矢 | Comment(0) | 文章のリハビリ

2007年05月30日

特に何って……

527.jpg





 ま、今日辺りなんて、

 特にみなさまに、お知らせするようなこともないのですけど、

 ま、小説なんて物を書いてみようかと……




 今更なに言ってんだお前!


 いやいや、軽口です。


 ジョーク、ウイット、シニカル、シュール


 いろいろ、ありますが、


 違いは、何となく雰囲気で。



 知っている人は知っていると思いますが、

 僕は、人に何かを説明することが、苦手です。



 そんなんでよく小説書けますね?


 いや〜、書けるんです。

 読んでもらえばわかります。



 説明なんて、そんなに必要ないってことが。


 人の脳は、物事を理解するのに、架空のストーリを作り上げる構造を持っています。


 歴史も、新聞記事も、科学も、幽霊も、人の脳は、それぞれストーリを作り上げて、記憶していくのです。


 って、マトリックス理論みたくなってきた。


 はい、やめやめ。




 つまりこういうことです。

 苦手というのは、面どくさいということです。


 理解に訴えなくても、人の感情は動かせる。

 その人の前頭葉を刺激して、読者に勝手にストーリを生み出してもらえばよいのです。





 と、屁理屈をこねていても説明ベタなままなので

 とりあえず、練習。



 ホッチキスについて、アフリカ人に説明する文章を400字以内で書きなさい。


 僕の解答。





 知らなくていいよ!

 以上。





 と、いうのはもちろん冗談ですが、

 みなさん、やってみました?


 あなたは、どんな説明をしました。


 機能についてですか?

 使い方?

 売ってある場所?


 使っている人の描写?


 ま、様々だと思いますが。


 これが、あなたの思考回路のホッチキスについての

 ストーリーです。





 というわけで、僕は説明が苦手です。

 が、けして下手ではない方だと、思いこむようにしています。




 最後に、最近、夏祭りについての小説を書こうとして調べているのですが、


 アフリカのある部族では、雨乞いの祭りをはじめると

 必ず、雨が降ってくるそうです。



 何故でしょう?



 チカ、

 チカ、

 チカ、

 チカ、



 …… チ〜ン!



 分かりました?




 答え)

 雨が降ってくるまで、祭りが終わらないから。




 以上、アフリカンジョークでした。


© 早浪討矢 | Comment(0) | メッセージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。